CHECK

朝までぐっすり!?睡眠の質向上にも役立つ整骨院の枕における豆知識を解説

睡眠中は自律神経の副交感神経が優位になることで心身がリラックスして熟睡できますが、交感神経が刺激されると睡眠の質が悪くなります。枕が変わると眠れない、このような人も多いかと思われますがこれは枕が原因しているわけでなく就寝する環境が変わり、体が興奮状態になっているためです。宿泊先でも、普段と同じように起床や就寝の時間、食事を摂る時間などを変えずに同じリズムにすることで自律神経のバランスを整えることができます。これは整骨院などでもアドバイスを受けることができますし、整骨院では自分に合う枕の選び方をアドバイスしてくれます。

整骨院が推奨する枕の選び方のポイント

整骨院では、交通事故後のリハビリや肩こり・腰痛などの辛い痛みを改善する全身の矯正などさまざまな施術を行ってくれます。また、日常の生活の中で姿勢を正すことや睡眠に対するアドバイスを行ってくれるところも少なくありません。整骨院では、背骨のカーブを正す施術を行うこともありますが、背骨は正常な状態ではS字カーブを描いているといいます。その中でも首の骨でもある頚椎は前弯のカーブで構成されていて首がリラックスした状態を維持しています。 しかし、長時間でのパソコン作業やスマートフォンを使用するなどでこのカーブは真っすぐになりやすい、ストレートネックの原因になりかねません。整骨院で整体を受けて暫くは調子が良いけれども、ある程度の期間が過ぎると再び肩こりや腰痛に悩ませる人は姿勢の悪さに比べて枕が良くないとされます。枕は背骨のカーブを維持するとても重要な役割を持つ寝具であり、必要不可欠な存在であることそして整骨院が推奨する選び方のポイントを把握することも大切です。

なぜ枕は必要になるのか?整骨院視点の考えとは

枕は人間の骨格がS字に曲がっていることに対応して、寝ている時にも自然な姿勢を保つために必要なものです。使用しないと首や背中に負担がかかり、整骨院に通ったりしなければ肩こりや頭痛・手足のしびれなどの不調や不眠の原因になりかねません。その高さは、個人の体型や寝姿に合わせて調整する必要がありますが、一般的には横向きで寝る場合は額から鼻・顎・胸の真ん中までの一直線が寝具面と平行になる高さが適切です。上向きで寝る場合は、首が約15度前傾する高さが適切となります。これは、首の神経の出口や気道を確保するためです。形状や素材も重要で、凹凸のあるものや頭が沈み込む素材は寝返りを阻害したり首の角度を変えたりするので避けた方がよいでしょう。フラットで高さを維持する素材が望ましいです。さらに、定期的にメンテナンスをすることで劣化や汚れを防ぎ快適な睡眠を維持することができます。自分に合った商品を選ぶことで、健康や美容にも良い効果が期待できることから、選び方やメンテナンス方法については整骨院等の専門家に相談することもおすすめです。

理想な頚椎カーブを実現する整骨院がおすすめする枕

整骨院で施術を受けるときに利用する施術台に仰向けに寝る、このときベッドと背中との隙間を確認した上で施術メニューを考えるといいます。もちろん。他にも施術メニューを考える項目はいろいろあるようですが、普段利用している寝具の良し悪しにより体は正常な状態から遠ざかりやすくなります。さらに、スマートフォンを多用する時代などからストレートネックが問題視されているなど肩こりなどの悩みがある人は整骨院で治療と寝具の見直しが必要です。 整骨院では、簡単な代用枕の作り方や理想な頚椎カーブを実現する枕の選び方や紹介を行っているところも少なくありません。代用の場合は一時的に使用したいときに便利なものですが、これを長く使うことはおすすめできません。あくまでも理想な頚椎カーブを実現することが重要ですので、それを把握した上で利用すると良いでしょう。寝ているときに首に負担をかけてしまうと自律神経の働きにも影響を与えてしまう、その結果睡眠の質が落ちて健康状態に悪影響を与えるなど注意が必要です。

整骨院がおすすめする簡単な代用枕の作り方

整骨院では、理想な頚椎のカーブを維持するために行うべきことは首にできる限りストレスをかけないことだといいます。これは直立の姿勢のときに歯列が水平になる状態で、実査にやってみると分かりますが少しだけ上を向いているような感覚です。寝るときも、歯列が水平な姿勢が理想になるため理想的な頚椎のカーブを維持するためにも毎日使う枕が重要になるわけです。 整骨院では自分の身体に合うオーダメイドの可能になっていますが、整体師が推奨する代用枕の作り方も紹介しています。用意するものは大きさが異なる2つのタオルとビニール紐、後はカバーがあればベストです。2つのタオルを丸めてから2つを並べてビニール紐を使い両端を縛ります。これだけで作れるため便利ですが、これを使うときには向きに注意が必要です。大きい方を首側にして小さい方を頭側にすることで、大きい方で首が持ち上がり小さい方で頭を支える役割になるため、首に余計なストレスがかかりにくくなるわけです。

すべての頸椎に負担がかからない!?整骨院と一般的な市販されている枕の違い

整骨院の整体師が開発した枕、メディアでも登場していて話題を集める、このような記事や広告を目にすることが多くなっています。
朝目覚めたときに体を起こすのが辛い、朝起きたときが1日の中で一番腰が痛い、仕事中にも睡魔に襲われるなど睡眠の質が問題になっているケースが多いようです。
高価な値段の高級品の場合、首の骨から頭部にかけてアーチ状に支えてくれるタイプが多いといいます。
この場合、頭蓋骨の下にある頚椎の1番を支えることが難しいため脳からの自然治癒の指令が体に届きにくくなり、睡眠による体のバランスが悪くなります。
整骨院が開発したものは全ての頸椎に負担が掛からないので、脳からの信号は体全体に届きやすくなり枕にある2つの山が頭部および肩をしっかり支えると同時に首の骨全体を自由に動かすことができるので、睡眠中でも脳からの信号が届きやすくなり、体のバランスの調整へと導いてくれるため、肩こりや首コリ・腰痛などの改善効果への期待もできます。

整骨院の枕は整体後の良好な状態を維持できるメリットがある

整骨院では全身のバランスを整えるさまざま施術を行っていますが、骨の位置を正しい場所に戻すといったことが中心になります。
整骨院で初めて施術を受けた後は好転反応が起こることがあるといわれていますが、これは一時的に体がだるく感じたりするもので施術回数を繰り返すことで体が慣れてきます。
整体後には肩こりや腰痛などが改善されて、すっきりした気分でお店を後にすることができます。
これは多くの人々が感じるものですが、数日から数週間後には再び肩こりが生じたり腰痛に悩まされるようになる、このような経験をしている人も多いのではないでしょうか。
せっかく全身バランスを整えて貰っても、毎日使っている枕が悪いと首に負担をかけてしまう脳からの体を回復させるための指令が届きにくくなり、その結果肩こりや腰痛が再発してしまうわけです。
整骨院では整体後の良港を維持できる、自分の体に合ったものと買うべきではない枕のポイントなども学ぶことができます。
これは直接お店に出向かなくても、ホームページに豆知識などの形で掲載されていることもあるのでチェックされると良いでしょう。

整骨院の先生が教えてくれる買ってはいけない枕のポイント

整骨院の先生は体の骨格の仕組みを理解しています。
そのためどのような枕が体に適しているかを理解していて、一般に販売しているものでも買ってはいけないものを施術時に伝えます。
一番に買ってはいけないものは低反発の製品で、これは弾力性が高く柔らかいのが特徴ですが、柔らかすぎることで頭が沈んでしまい、寝返りが打ちにくくなります。
寝返りができないと血流が悪くなり疲労の蓄積や快眠を妨げ、特に高齢の方は合わない、快眠できないなどを自覚することがあります。
自分の頭の高さにフィットすることはできますが注意が必要です。
他にも高すぎたり低くいものも買っていけないもので、いくら評判が良くても自分に合っていないと意味がありません。
人の頭と首の位置は違っていて、高すぎたり低すぎると首を圧迫することになり、眠っていても疲労を感じてしまい、時には頭が落ちてしまうこともあります。
整骨院の先生が伝える良い枕のポイントは、とにかく自分の頭と首のカーブに合っているものを選ぶことです。

整骨院や自分に合った枕を使えばストレートネックの改善にも役立つ

ストレートネックを改善するためには筋トレやストレッチなどが有効と言われてますが、普段から運動をしていない方にとっては筋トレもストレッチもハードルが高いと感じることもあります。
筋トレやストレッチを毎日続けるのは大変という方は、整骨院で自分に合った枕を調べてもらうのがおすすめです。
ストレートネックはスマートフォンやパソコンを見続けることによって起こる症状であり、毎日何時間もスマートフォンやパソコンを利用する現代人にとっては切っても切り離せない問題でもあります。
しっかりケアしているのに首に違和感がある方は、枕が合っていない可能性が高いです。
整骨院は人間の体の構造を知り尽くした専門家なので、それぞれの体型やライフスタイルに合わせたアドバイスが可能です。
アドバイスを受けて生活を見直せば、筋トレやストレッチをしなくても症状が改善していくこともあります。
まずは専門家に相談するというのが問題解決に向けた一番の近道です。

整骨院の枕で睡眠中に首や肩の負担をリセット

合わない枕を使っていると、首や肩に負担が蓄積され肩こり・首コリ・腰痛に繋がる、さらに睡眠の質が悪くなり朝起きたときにだるさを感じたり日中睡魔に襲われるなど生活に支障をきたしてしまいます。
整骨院は、このような体の不調を根本から改善するための全身バランスを整える手わざを提供してくれますが、整骨院で施術を受けても一時的には改善できても寝具が自分に合っていないと元の状態に戻ってしまうなど悪循環です。
スマートフォンを利用する人が増えたことでストレートネックの症状を持つ人も多くなっていますが、主な症状は肩・首・背中・腰などの部位にコリを感じるものです。
重症化するとしびれや痛みになり、背骨の変形によるヘルニアに発展することもあるといいます。
整骨院ではストレートネックの改善施術も可能ですが、睡眠中に首や肩の負担をリセットしてくれる自分に合った枕を使うことで施術効果を長期的に維持できるメリットに導いてくれます。

整骨院推奨の枕に関する情報サイト
眠りが浅い人などにおすすめな枕の選び方

このサイトでは、睡眠の質を向上させることもできる朝までぐっすり眠れる整骨院の枕に関する豆知識を解説しています。自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分類されますが、交感神経が優位になっていると眠くならない逆に副交感神経が優位になっていると眠くなるといいます。安眠の効果は、副交感神経との関係性が高いことを知っておくと良いでしょう。なお、ここでは自律神経のバランスを整える効果がある、眠りが浅い人などにおすすめなアイテムの選び方のポイントなどを解説しているので参考にされると良いでしょう。

Search